かぎしっぽにゃんこの備忘録

社内のパソコン管理+雑用一切を無理無理押し付けられて、途方にくれている男の記録。 販売用中古パソコンの整備もしろって(ー_ー#) だれか他にできるやつはいないのか。

HOME前頁現在のページ次頁
 
スポンサー広告│posted at --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆2017.04.24(月)◆
自動車│posted at 07:42:49
スレッド:自動車全般  ジャンル:車・バイク
今年は幸い大雪に見舞われることなく無事に冬を越すことができました。
東北生まれ北海道育ちの父(故人)が
「千葉っていいところなんだぞ」
「冬でもあたたかいし、大きな災害も少ないし・・・」
と引越しのときに聞かされことを思いだしました。
実際にはそうでもないのですが、豪雪地帯で育った父の憧れもあったのでしょう。

さて本題ですが、関東南部でも年に十数センチの積雪が1~2回はあります。
私の記憶では10年から20年くらい前に20cm以上積もった記憶があります。

過去乗り継いだ車で積雪実質10cmチョイ超えくらいの道を走った経験を書いてみたいと思います。
10cm程度の新雪限定ということです。

翌朝凍ったらどんな車でもノーマルタイヤでは走れません。
あくまでも千葉限定での個人的j経験です。
それ、理論的におかしいだろ、とか言われても困ります。



「日産のテラノ、パートタイム4WD、デフロック付、ノーマルタイヤ」
基本2WDで走る。
平地では特に問題は感じませんでした。
坂道※で4WDに切り替えたくらいでした。
ただし大丈夫なのは発進だけです。
カーブではスピードを出すと制御不能のスピンをしました。


「ダイハツアトレー、FRベースのパートタイム4WD、デフロック無し、ノーマルタイヤ」
上に同じ。
軽自動車で車重が軽いため制御が容易でした。
ただし、カウンターステアをマスターしていることが条件。


「三菱パジェロミニ、FRベースのパートタイム4WD、デフロック無し、ノーマルタイヤ」
基本2WDで走る。
平地では特に問題は感じませんでした。
坂道※で4WDに切り替えたくらいでした。
ただし大丈夫なのは発進だけです。
テラノでの反省で4WDモードでもスピンを避けて慎重に走りました。


ダイハツ「ムーヴ、FF、ノーマルタイヤ」
完全な平地ならチェーンは不要、チョットした坂道でもならチェーン必須となります。
チェーンがあろうがなかろうがFF車特有の挙動として、軽くブレーキを踏んだだけでも後輪が滑ってスピンします。
カウンターステアは必須です。コレができないと運転できません。
坂道※はチェーンが必須です。
チェーンがあればノーマルタイヤでも概ね大丈夫。
ただし上りだけです。
下りでは後輪が滑ってくるので怖い。


関東南部でも実質30cmの積雪がある場所では「4WD、FF、FR」どんな車でも走れません。

平地発進ができません。
雪の抵抗でバンパーが曲がりました。 orz
大通りから脇道に入ったようなところですね。
関東ではこういう場所が怖い。
本格的なクロカン4WDでもノーマルタイヤでは難しい。
たまの大雪なんでまったく除雪されていません。


今乗っているのは
「ダイハツハイゼットカーゴ2WD FR」です。
この車ではまだ雪に遭遇していません。
一応、金属、非金属両方のチェーンを装備してこの冬に臨みましたが、
雪ふらずでした。
スベリ易い軽商用車です。
来年が怖い。


軽い車の方が制御はしやすかったですね。
どんな車で走るにしても、チェーンの携帯は必須です。
カウンターステアの技術が必須となります。
知識ではなく技術ですよ。
予算に余裕があればスタッドレスタイヤを・・・


私が過去4WDを選ぶことが多かったのは林道走りが趣味だったからです。
雪道対策ではありません。

4WDって元々、未舗装路やぬかるみや砂地用だよな?
雪道専用じゃないよね。


※坂道とはアンダーパスや陸橋程度まで。

◆2017.04.10(月)◆
自動車│posted at 19:45:42
スレッド:整備  ジャンル:車・バイク
なにやら色々と良い効果があるらしいので
「27年式 ハイゼットカーゴ EBD-S321V KFエンジン」の
プラグをイリジウムプラグに交換することにした。

下調べをしていたら純正部品がイリジウムプラグだった。 orz
しかも長寿命タイプらしいです。

メーカー NGK  デンソー
NA車  ILKR6F11 SXU20HPR11
ターボ車 ILKR7D8  SXU22HPR8


◆2017.03.16(木)◆
自動車│posted at 19:08:21
スレッド:自動車全般  ジャンル:車・バイク
最近は写真のような粗い液晶表示の燃料計をよく見かけるようになった。
うちのハイゼットもこのタイプです。
昔のアナログメーターと比べると残量のイメージとかがわかりにくい。
精度はどうなのかな?
ということで、少し調べてみました。
DSC_0758.jpg
DSC_0759.jpg


グラフが線形になっていることと、毎回ほぼ同じ結果になることから、計測器としての精度はそこそこ高いようです。

ただし1個目の目盛の消灯が早い? 残量の精度は?

5個目の目盛が消えた時点で給油したところ給油量は20.9Lでした。(ここは実測値)
メーターの減り方が一定ならばここの期待値は25Lのはずなので、残量が大目ということになります。

あそらく、8個すべて消灯した状態でもある程度の燃料が残っているような設定になっていると思われます。
理由はメーターが振り切ったり、警告灯がついたら、すぐにガス欠では困るからです。
おおよその目安ですが、警告灯が点いた時点で6~8Lくらいは残っているらしいです。(このあたりの数字は推測)
(最近の日本車限定、メーカー車種走行条件でも違う)
その残りを全部使えるわけではないので給油は早めがいいです。
ガス欠おこすと車を傷めるし。

ガソリンスタンドにたどり着ける残量を確保するために、見かけ上のメーターの減りを早くしているらしいです。

nenryoukei.png
数回データを取ってみたがほぼ同じ値になったので代表の1回分だけ記載。
積算使用量、1目盛の容量、残量は平均燃費からの推定値です。

実は、いつもメーター半分くらいで給油するのでこの先は見たことが無いのです。
3.11震災の教訓から、メーター半分になると給油するようになってしまった。


◆2017.02.15(水)◆
自動車│posted at 01:37:08
スレッド:その他  ジャンル:車・バイク
27年式ハイゼットカーゴ EBD-S321V 4AT

AT車、時速40kmほどで走行中に操作ミスでRレンジに入れてしまいました。
結果、なにもおきませんでした。
反射的にアクセルを戻したためか、スーっと力が抜けたような感覚で速度が落ちていきました。
すばやくDレンジに戻して何事もなく走行続行。

後でわかったことですが、
最近の車は走行中にRレンジに入れても受け付けないようになってものが多々あるらしいのです。
レバーはただのスイッチで電子制御という感じでしょうか?

ただし、そういう制御ではない車もあるようなので実験はしないほうがいい。
最近の車でも、エンストか急停止、運が悪ければAT故障という話も聞いています。

◆2017.01.31(火)◆
自動車│posted at 19:57:36
スレッド:自動車全般  ジャンル:車・バイク
27年式ハイゼットカーゴ EBD-S321V 4AT

のっぴきならない事情で20年ぶりにAT車に乗ることになったわけですが、
またも問題が発生しました。
シフトロック解除ボタンが見当たらないのです。

ここで言う解除ボタンは通常の操作時に押すものではなく、
バッテリー上がりや自走不能時などにレバーを強制的に動かすための非常用の小さなボタンです。
目だたないところに隠されています。

さんざん探したあげくダイハツに問い合わせると、そういう装備は無いとの回答でした。

最近の車にはシフトロック解除ボタンが無いものが増えてきているらしいのです。
知人の車にもありませんでした。

では実際に非常事態になったときはどうしたらよいのでしょう?
Nレンジにして踏み切り脱出とか、自走不能に陥った場合に手押しで路肩に寄せるとか出来ないわけです。

なぜ無いのか?
コストダウン、誤使用による故障防止、信頼性が上がっているのでいらないなど考えられますが、
安全性に関わる重要な機能が省かれるのは納得がいかないですね。

次にAT車を買うときは各種装備を良く確かめることにします。
でも、やっぱりMT車が良いのです。
総合的に色々な理由で・・・


最近は低グレード車や商用車でさえ当たり前についていた色々な装備が省かれています。
主な理由はコストダウンらしいのですが、個々に書いていると長くなるのでいずれ機会があれば書いてみたいと思います。


●説明不足があったので補足。
Dレンジでも押せば動くよとか言われそうなので一応書いておく。
1.路上でエンスト。
2.再始動のためにPレンジに入れるもエンジンがかからず。
3.手押しで動かすためにNレンジに入れたいが何故かシフトレバーが動かない。
という状況を想定しています。

プロフィール

kagishipponyanko

Author:kagishipponyanko
社内の雑用一切を無理無理やらされている器用貧乏なやつです。

上の写真は家の猫です。
こいつは
「金目の黒猫、かぎしっぽ、エンジェルマーク」
幸運の条件が三つも揃っている運がいいやつです。
ブログタイトルの由来でもあります。

最新トラックバック

グーバーウォーキング

黒ねこ時計くろック

Windows XP 延長サポート

マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル

Windows Vista 延長サポート

マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル

Windows 7 延長サポート

マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル

よく使うツール

高機能HTML/XHTML/スタイルシート対応エディタ(Web Frontier)
Created by ez-HTML

高機能HTML/XHTML/スタイルシート対応エディタ(Web Frontier)

よく使うツール(解説は無し)
ビットレート計算機

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

FC2カウンター

 copyright © 2005-2006 かぎしっぽにゃんこの備忘録 All Rights Reserved.
 Template Desain by bluenight.  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。